よくある質問FAQ

このシミ落ちますか ?

当店の実績として、これまで他店で無理だと云われたシミも幾度も落としてみせました。

しかし、当店ではどんなシミでも確実に落として見せます ! とは言いません。

一見、同じ様なシミ、過去に何度も落とした実績のあるシミでも取れない事もございます。

当店としては、職人の意地と誠心誠意を込めて対応させていただきます。と、お答えさせていただきます。

家庭でもドライクリーニングができる ?

ドライクリーニングに必要な有機溶剤は取り扱いの免許が必要です。よって一般家庭ではドライクリーニングは絶対にできません。

家庭用洗濯機のドライコースは、「ドライマークの衣類が洗える」洗浄方法であり、あくまでも水洗いです。その為、大半は型崩れ、縮みは発生しますし、色落ちの心配もあります。

ハイクラス、デラックスコース(高級コース)は無いの ?

簡易クリーニングをおこなっております他店様の場合、ハイクラス、デラックスコースというコースがございますが、その宣伝文句としては、だいたい下記の通りかと存じます。

  • 職人が1点1点手仕上げ
  • 通気性の高い包装
  • 衣類にあった洗浄
  • 少量づつ洗浄
  • 繊細なボタンの保護

これらは当店のクリーニング工程では最低限のお約束です。したがいまして「当店には高級コースが無い」のでは無く、「当店には高級コースしか無い」という事になります。

そして当店は他店高級コースよりも、良質な仕事を低料金でご提供していると自負しております。

簡易クリーニング(低料金、スピード仕上げ)は無いの ?

綺麗にならないクリーニングは、いくら安くても、どんなに早くてもムダであるどころか、衣類に対して深刻なダメージを与える事があります。
当店では低料金、機械仕上げのみの簡易クリーニンは当店のポリシーと反すると考え、現在迄おこなっておりません。

工程別による簡易クリーニング(低料金、機械仕上げ)の問題点

受付

簡易クリーニングを実現するにあたりお客様の要望は受け取れなくなります。

選別・前処理

汚れ、シミによっては、乾燥処理により繊維に附着、酸化し、落とせなくなってしまうものがあります。
ご存知の通り、一口に汚れやシミと申しましても、その判断は非常に困難なもので、これらの汚れの判断は経験を必要とするものであり低料金、スピード仕上げの工程では確認出来るものではありません。

ボタンにつきましても繊細なボタンについてはボタン保護を行わなければボタンが破損する可能性が高くなります。

洗浄

当店では低料金を実施する為に衣類に合わない洗浄を行ったり、通常よりも低品質な溶剤の使用を行う事は出来ません。

汚れを残したままの乾燥は、汚れを酸化させ、汚れを更に附着させる事になりますので徹底的な洗浄を行う必要があります。

その為、1度の洗浄では落ちない汚れは複数回の洗いの実施。汚れの種類によってはドライ、水洗いの両方で洗浄を行います。その結果として極端なスピード仕上げのお約束は出来ません。

また低料金、スピード仕上げ実現の為には大型洗濯機へ大量の商品を投入する事になります。汚れた洗濯物と綺麗な洗濯物を同じ洗濯機へ入れる。色合いが異なる洗濯物を同じ洗濯機へ入れる。生地の異なる洗濯物を同じ洗濯機へ入れる。これらの処理を行う事で発生する問題は説明不要かと思います。

とはいえ、大型チェーン店であれば、汚れ具合、素材等、擬似する洗濯物の数が増えるので、洗濯機へ投入する洗濯物を選別出来るのでは ?と、思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
大型チェーン店の場合でも、洗浄前の選別の時間短縮の問題。洗浄後の配送効率及び、配送トラブルを抑える必要性から、取次ぎ店単位程度の洗浄を行う必要が発生しますので結果的に異なる商品を同じ洗濯機へ投入する事になります。

シミ抜き

低料金、スピード仕上げ、高額コースとの差別化。これらの要素があるが為、簡単なシミも落とさない事になります。

そのシミは乾燥工程により酸化され、より落ち難いシミが出来上がります。

乾燥

低料金、スピード仕上げを実現する為には早急な乾燥、具体的には高温で乾燥を行う必要があります。これは衣類にダメージを与える原因となります。

付け加えれば上記「洗浄」の問題の通り、綺麗に洗浄を行っていない状態で乾燥を行います。

仕上げ

簡易クリーニングは時間短縮及び、高額コースとの差別化の為、機械処理による高温でのプレスを行わなければいけません。

検品

お客様の目で確認してみてください。お洋服のシミ、汚れ等、細かく確認を行うのにどれ程の時間が必要でしょうか ? 時間短縮を行っている工程で 1品 1品を丁重に確認できるでしょうか ?

包装

経費削減、及び高級コースとの差別の為、通気性に問題のあるビニールカバーを使用

職人仕上げにしては料金が安過ぎないか ?

高級コースと同等あるいはそれ以上の作業を行っているにも関わらず料金が安すぎないか ?

お客様より、この様なご意見も多数頂戴しておりますが、その理由は以下の通りです。

  1. 金額が安価であれば、こまめに当店に持ってきていただける。
  2. こまめに当店にもってきていただければ、衣類に最適な処理を施せるので衣類が傷まない汚れない
  3. よって作業が低減できるので費用も低減できる。
  4. なによりも、より多くのお客様に喜んでいただきたい。

現実には他店処理で酷く痛んでしまった品物や、当店のお得意様の品でも不意の事故で酷く汚れてしまった場合は、[3]の事項が当てはまらなくなる事も多々ありますが、余程の汚れではない限り特別に料金は頂いておりません。